知っておきたい!FAGA(女性男性型脱毛症) 原因

FAGA(女性男性型脱毛症)の原因は?

ホルモンバランスの乱れ

FAGAとは男性の薄毛の原因であるAGAと同じような抜け方をする女性の脱毛症のことで、女性の体内にも男性ホルモンが分泌されていることから起こる症状です。従来女性は男性の20分の1程しか男性ホルモンが分泌されないので男性と比較し薄毛になる人が少ないと言えます。ですがストレスや生活習慣の乱れ、食生活の変化によりホルモンバランスが乱れることで男性ホルモンが増加し薄毛になってしまうケースが増えてきています。ストレスにより自律神経のバランスが崩れそれがホルモンバランスにも影響を与えると言われていて女性の社会進出がFAGA増加の背景にあると言えます。

加齢や老化

FAGAの原因として加齢や老化を挙げることが出来ます。男性の場合も加齢により抜け毛が増加する人が多いと言えますが、女性の場合は40代、50代に更年期障害が見られる頃にFAGAになる人が多いと言えます。その理由は更年期障害とは女性ホルモンの分泌量が減少しホルモンバランスが乱れることで起こる症状です。だから先ほど説明した様にホルモンバランスの乱れによりFAGAになってしまうのです。

ピルの副作用

ピルは女性ホルモンの分泌量を増やす薬なので薄毛とは関係ないと考えている人が多いのではないでしょうか。ですが女性ホルモンが減少する時だけではなく増加した時もホルモンバランスを崩してしまう恐れがあります。なのでピルの副作用として抜け毛が増えてしまうケースがあります。つまりピルの摂取もFAGAの原因のひとつとして考えられています。